H31年4月20日(土)教育講演「虐待予防のために助産師ができること」開催報告

日立システムズホール仙台で開催されました。参加者約100名と関心の高さをうかがわせました。昨今のニュースを騒がせた「虐待」ですが、そのような悲しいことが起こらないことが望まれます。

DSC04513

会場は、参加者でいっぱいになりました。

DSC04494

司会は教育委員 本田由美です。

DSC04502

後藤会長の挨拶です。午前中は、宮城県助産師会通常総会がありました。

DSC04512

講師は、東北大学病院 精神科医 菊地沙耶先生です。現状、なぜ起こるのか、子供への影響、そして私たちができることをわかりやすく教えてくださいました。

DSC04523

DSC04539

最後の質疑応答では、EPDSについての質問がありました。妊産婦の包括支援が始まり、早期発見のためにEPDSの質問票が使われています。やはり、質問票を取るだけではなく、その時のママの状態を細かく観察できるスキルを持って使用しなければならないと感じました。

DSC04540

仙台市も産後ケア等新しい取り組みが始まっています。母子保健向上のために、今年度も皆様一丸となって、当会の活動に取り組んでまいりましょう。(文責 山口)

戻る