令和2年2月15日(土)宮城県委託 助産師人材育成・復職支援研修事業 「産科出血時の対応」 研修会開催報告

宮城県医師会館 大手町ホールで、CLoCMiP®レベルⅢ ステップアップ研修「産科出血時の対応」が開催されました。参加者約100名と盛会でした。助産師のスキルアップに対する意識の高さがうかがえます。

後藤会長の開会宣言です。

「産科出血時の対応」を講義してくださったのは、東北大学病院 産婦人科 助教 星合哲郎先生です。産科危機的出血に関わる統計データから、どのような事に注視するべきなのか、産科出血の特徴を復習し、各医療機関でどのように対処するべきかを、わかりやすく講義いただきました。また、搬送された症例に対する大学病院での対応を解説いただきとても勉強になりました。

ポストテストの様子

今回の研修会では、東北メディカル・メガバンク機構の栗山進一先生から「三世代コホート調査」の進捗・成果報告がありました。H25年から始まったこの調査から助産師が知っておくべき情報をお話しくださいました。特に、県内の妊婦やその家族の喫煙状況等からわかった事をお聞きして、妊産褥婦に関わる私たちの保健指導内容も更新しなければならないと思いました。

閉会の挨拶は、副会長の後藤あき子でした。

宮城県助産師会理事・委員に皆様、大変お疲れ様でした(文責山口)

戻る