宮城県へ要望書を提出いたしました。「COVID-19感染防止に伴う助産師および妊産婦の困難に対する改善について」

 宮城県助産師会会員各位

平素より当会の活動にご支援賜りまして、ありがとうございます。

新型コロナウィルスの非常事態により、妊産婦ならびに助産師がかつてない窮状にあります。正に、現在は災害発生時と捉えます。

会員皆様からご協力いただきましたアンケートを元に、要望書を作成いたしまして、5月11日付で、宮城県に要望書を提出いたしました。この要望書が助産師や妊産婦の状況の改善につながる事を希望いたします。

ご協力いただきましてありがとうございました。

要望書の内容は以下の文字列をクリックしてご確認ください。

COVID-19 要望書  宮城県助産師会

一般社団法人宮城県助産師会 代表理事 塩野悦子

              書記補佐 山口之雪(文責)

戻る