【研修案内】2021年度 日本助産師会受託事業 ピアサポーターなどの養成研修のお知らせ・参加者募集・ご協力のお願い

2021年度日本助産師会受託事業  ピアサポーターなどの養成研修のお知らせ・参加者募集・ご協力のお願い

日本助産師会では厚生労働省の委託を受け、不妊症・不育症でお悩みの方に身近に寄り添い共感できる、ピアサポーターなどの養成を目指しています。 SNSのフォローも含め、広く周知いただきたく、ご協力のほどお願いいたします。    

【厚生労働省委託事業】 本事業は、様々な悩みや不安を抱え、複雑な精神心理状況にある不妊症・不育症患者に寄り添い、共感できる存在としてピアサポーターとなりうる人材および、保健師などの医療従事者が、生殖心理カウンセリングなど、より医学的・専門的な知識をもち、地域で継続的な支援を行える人材を養成することを目的とする。さらに、この事業を広く社会に周知することで、国民への不妊症や不育症に関する正しい知識の広報啓発と理解を図ることを目的とする。

【受託事業内容】 不妊症・不育症患者に対するピアサポーター、医療従事者への研修※)を行い、その結果を活用して、自主的な研修や治療に関する知識の普及等に資する広報啓発資料を作成し、周知・広報を行う。

▼「不妊症・不育症ピアサポーター等の養成研修」詳細は、HPをご参照ください。

https://www.peersupporter.info/

研修会の受講費用は無料。8月6日~申し込み受付中です。

本事業に関するお問い合わせについては、上記「不妊症・不育症ピアサポーター等の養成研修」HPの「お問い合わせフォーム」よりお願いいたします。

【ピアサポーター養成プログラム】

不妊症・不育症に悩んでいる人の力になりたい、悩みを理解したいと思う方を対象とした、より身近な支援者であるピアサポーター育成のプログラムです。
最新の医学的な知識、不妊症・不育症患者が抱える特有な悩み、ピアサポート等について学びます。また、ピアサポートの実践について、同じ思いをもった仲間とグループワークを通して考えていきます。

ピアサポーター養成プログラム研修会申し込みはこちら

 

【医療従事者プログラム】

医師、保健師、助産師、看護師、心理職、その他の専門職を対象とした、支援者養成のプログラムです。
不妊症・不育症に関する最新の知見、心理・社会的支援、里親・養子縁組制度などについて学びます。また、これから現場で支援に活用できる具体的な支援プログラムの作成をグループワークで行います。

医療従事者プログラム研修申し込みはこちら

 

「不妊症・不育症ピアサポーター等養成研修会チラシ

※本事業に関わる厚生労働省子ども家庭局母子保健課からの通知文も合わせてご参照ください。

▼厚生労働省通知TOPページ(日本助産師会HP)

https://www.midwife.or.jp/midwife/political_notification.html

▼流産や死産を経験した女性等への心理社会的支援等について[子母発0531第3号:2021年5月31日]

https://www.midwife.or.jp/user/media/midwife/page/midwife/political_notification/pdf/030531.pdf

どうぞよろしくお願いいたします。

:::::::::::::::::::::::

公益社団法人日本助産師会事務局

:::::::::::::::::::::::

********************************************************

一般社団法人 宮城県助産師会(北海道・東北地区担当県)

連絡メールアドレス:miyajo-kaiinkanri@outlook.jp  当事業広報担当 山口之雪(書記補佐)

戻る