仙台市思春期保健教育事業報告<仙台市内中学校様①>

令和3年度仙台市思春期保健教育事業が市内中学校で実施されております。

 

7月15日(水)は仙台市内の中学校3年生140名の生徒さんと保護者の方々へ「大切な命だから」と題して思春期講話をお届けしました。

当会会員 阿部美喜助産師(妊活応援助産院 ぷらすわん院長)が講師担当しました。

今回の授業では妊婦シュミレーターでの妊婦体験や赤ちゃん人形の抱っこ体験もありました。

 

夏休み後もさまざまな学校や施設へご要望に応じた講話内容をお届けに当会から講師派遣を致します。

授業や講演のご依頼、お問い合わせはこちらまでお願いします。  

戻る